活動略歴

■ 活動略歴


 

NPO法人インパクトの活動内容

1.県北生涯学習センター(茨城県)平成18年8月11日にオープンしました。 NPOが指定管理者として受託をするのは全国でも初めてということです。 県北地域を中心に皆様に役に立つ生涯学習の情報発信に努めます。 各種会議などにも御利用くださ   い。 現在は2期目の管理期間になりました。

2.芸術部会ひたちサンドアートフェスティバルを支援しています。 写真はインパクトで作成した砂像です。

これまでのNPO法人インパクトの活動実績

1. 移動図書館「たかすず号」運行(日立市)(終了)委託を受けてから5年目になりました。 また、インパクトのみの運行も2年目となり、 安定した運行ができるようになりました。 スタッフも、作業にもなれていくつか 改善提案なども出るようになりました。

2.金砂大祭礼イベントFM放送   お祭りの期間中、催し物や交通情報、企画番組などを放送しました。

3.スポーツに関する意識調査

4. 国際自然環境保全体験プロジェクト マングローブ復活大作戦 ベトナムのホーチミン市付近カンザー地区においてマングローブ苗植林をしました。 かつて溢れるほどのマングローブに覆われていた自然豊かなベトナムは、アメリカ軍による枯葉作戦の影響で、そのほとんどが全滅の状態になり、自然に復活するには100年近い歳月が必要だと言われておりました。 1975年ベトナム戦争終結後、30年の間少しずつマングローブ植林が進められ、カンザー地区では自然回復分も含め、本来の約60%程度回復してきておりました。アメリカの植物学者の研究と助言により、一番成長の早い品種の苗を使用して、驚くべきスピードで回復しております。今回私たちは、約300本の苗を植林してきました。20年後にはその苗が大木になり、自然豊かなマングローブ復活の一助になることが確信でき、また、一度壊滅した自然環境も、人間の英知と弛まぬ努力によって復活しうることを実感できたのが、大きな収穫となりました。 当初の計画では16日にカンザーにて植林する予定でしたが、出発の前日に突如ベトナム共産党役員がカンザー視察することになり、外国人は一切立ち入り禁止になってしまいました。関係諸機関の協力により、何とか17日にスライドして本事業を実施できました。関係各位に深く感謝すると共に、社会主義国の実情を垣間見ることができました。

人材活用研究会事業報告

Ⅰ.会  議

1.第1回元気ひたち人材活用協議会
(1)日時・場所  平成16年6月3日(木)午後2時30分より日立商工会議所にて
(2)出 席 者  9名
(3)協議内容   ①平成16年度の重点事項(案)について ②平成16年度のスケジュール(案)について

2.第2回元気ひたち人材活用協議会
(1)日時・場所  平成16年9月1日(水)午後3時より 日立商工会議所にて
(2)出 席 者  10名
(3)協議内容   ①企業等OB人材マッチング茨城協議会マッチングコーディネーターについて ②平成16年度下期事業について

3.第3回元気ひたち人材活用協議会
(1)日時・場所  平成16年12月22日(水)午後3時より 日立商工会議所にて
(2)出 席 者  9名
(3)協議内容   ①事業所訪問状況報告について ②先進地視察研修(案)について

4.第4回元気ひたち人材活用協議会
(1)日時・場所  平成17年3月10日(木)午後4時より 日立商工会議所にて
(2)出 席 者  12名
(3)協議内容   ①平成16年度事業報告について

Ⅱ.視察研修 1.経営支援NPO支援クラブ  平成16年12月15日(水) 参加者 7名 2.敦賀商工会議所  平成17年1月18日(火)~19日(水) 参加者 4名

Ⅲ.事業所訪問 1.事業所訪問  平成16年9月17日(金)~29日(金) 訪問数 28事業所

Ⅳ.個別相談会     相談件数   10件 Ⅴ.パンフレット作成  パンフレット 2,000部

Ⅵ.OB人材登録者   47名

■ 茨城県県北生涯学習センター運営


 

■ ケンポックル英会話


 

■ 医療福祉